ゲーム

パワプロ2021でコディ・ベリンジャーを査定&再現

パワプロ2021でMLB選手の再現!

今回は2019年にドジャースで活躍したコディ・ベリンジャーです。

 

2年前にリーグ新人最多本塁打を記録したパワーでリーグMVPを獲得!

この年は、本塁打率に大きな変化はないものの、100打席以上増えたため47本塁打まで伸ばしました。

また、アプローチが大きく改善されて、2年前と比較すると三振率は26.6%→16.3%&打率は.267→.305になっています。

打率試合本塁打打点盗塁出塁率OPSbWAR
.3051624711515.4061.0358.7

ここからは査定についてです。

【弾道

MLB平均の打球角度は11-12度なので弾道4と査定しました。

シーズン201620172018
打球角度[度]17.516.217.8

【ミート・パワー】

シチュエーション別の打撃成績から対右・非得点圏の打撃成績を計算し、そのときの打率・IsoPから査定するとミートC69パワーA86チャンスD対左Eになります。

シチュエーション打率出塁率長打率OPS
シーズン.305.406.6291.035
対左投手.280.386.596.982
得点圏.298.444.545.989

【走力

2019年のスプリントスピードからA86と査定しました。

シーズンスプリントスピード[ft/s]一塁到達タイム[秒]MLB上位[%]
201828.94.0211
201928.83.9710
202028.64.149

【守備能力】

下表は、右翼手としての守備防御点(DRS)、守備率(Fld%)、アルティメットゾーンレーティング(UZR)です。

UZRを構成する指標の意味はこんな感じです。

  • ARM:送球で何点分を防いだか
  • RngR:守備範囲の広さ
  • ErrR:エラーで何点分を防いだか

この年はDRS+21とUZR10.3を記録し、特に送球が優秀でした。

160キロの送球でリーグ4位の10捕殺を記録しています。

ここから肩力A85-89守備B70捕球D50-54と査定しました。

右翼手DRS守備率ARMRngRErrRUZRUZR/150
20186.9860.30.00.10.41.1
201921.9883.46.20.610.313.7
20205.990-2.93.00.10.2-4.0
通算36.988-0.811.91.012.07.5

【特殊能力】

  • 送球C:10捕殺を記録
  • ケガしにくさC・回復C:2018-20年の97%の試合に出場
  • パワーヒッター:本塁打率11.9
  • プルヒッター:打球方向の分布図より
  • 悪球打ち:コース別成績より
  • 内野安打○:一塁到達時間3.97秒
  • レーザービーム:返球時に160km/hを記録
  • 威圧感:IsoD .101、21敬遠を記録
  • 満塁男:満塁時に打率.364&OPS 1.357

 

作成した選手能力とパワナンバーはこうなりました。

また、再現選手一覧は「メニュー」→「パワプロMLB査定/再現」から確認可能です。

パワナンバー:11800 91719 04492

 

選手再現し始めたころに作成したベリンジャーです。

かなり盛ってますね..(笑)