ゲーム

パワプロ2021でコーリー・クルーバーを査定&再現

パワプロ2021でMLB選手の再現!

今回は2017年にインディアンズで活躍したコーリー・クルーバーです。

 

2度目のサイ・ヤング賞を獲得した当時のMLB最高の精密機械!

与四球率はリーグ1位の1.6、奪三振も多くとれるのでK/BBは驚異の7.36でした。

DRSもリーグ3位と優秀だったため、リーグ1位の防御率2.25を記録しました。

2021年はノーノーを達成したものの与四球率3.9と衰えは隠せず..。

防御率勝敗投球回奪三振WHIP奪三振率与四球率bWAR
2.2518-4203.22650.8711.71.67.9

ここからは査定についてです。

【球速】

2017年に投じたフォーシームは最速153キロ、その投球割合は14.4%なので変化球中心をつけました。

前年は最速156キロでしたが当時31歳なので徐々に球速ダウンしています。

【コントロール・スタミナ

与四球は1.6なのでコントロールB76と査定しました。

また、投球回数はイニングなのでスタミナA85と査定しました。

【変化球

持ち球の種類・変化量は以下の各成績から査定しました。

  • シンカー:変化量は小さめだったのでツーシームファストに分類
  • カーブ:横変化が大きいのでスラーブに分類
球種名割合[%]球速[km/h]被打率wOBA
シンカー28.5149.301.362
カーブ28.1136.099.111
カッター22.8143.250.313
フォーシーム14.4149.182.273
チェンジアップ6.1138.109.108

【守備能力】

守備指標と盗塁阻止率は下表のようになります。

シーズンDRS守備率平均盗塁阻止率[%]平均[%]
20163.973.9506429
2017-2.969.9482527
201841.000.9526428
11年通算2.982.9523728

【特殊能力】

  • 回復B:2014-18年の5年連続200イニング以上
  • 重い球:IsoP.141
  • 尻上がり:4回以降の防御率は1.93以下
  • 奪三振:奪三振率11.7
  • 勝ち運:18勝4敗で勝率.818
  • ポーカーフェイス:どんな場面でも表情を変えない鉄仮面として有名
  • シュート回転:フォーシームの横変化量より
  • 投球位置右:投球時の立ち位置より

 

作成した選手能力とパワナンバーはこうなりました。

また、再現選手一覧は「メニュー」→「パワプロMLB査定/再現」から確認可能です。

パワナンバー:11400 41153 46212