ゲーム

パワプロ2021でプレデミール・ゲレーロJr.を査定&再現

パワプロ2021でMLB選手の再現!

今回は2021年前半までの成績から作成したブルージェイズのプレデミール・ゲレーロJr.です。

 

殿堂入り選手の2世選手&No.1プロスペクトとしてMLBデビュー時から注目されていた才能が遂にブレイク!

MLB屈指のパワーを安定して発揮できるようになり、アプローチも大幅に改善されて打率.332&ボール球スイング率25.7%を記録しました。

マークが厳しい中で甘い初球を強振するシーンがとても印象的で、0ストライク時は打率.521&11本塁打を記録しています。

打率試合本塁打打点盗塁出塁率OPSbWAR
.3328728732.4301.0894.2

ここからは査定についてです。

【弾道

MLB平均の打球角度は11-12度なので弾道2と査定しました。

ただ、パワーヒッター持ちなので打球角度はかなり大きくなります。

シーズン201920202021
打球角度[度]6.74.68.4

【ミート・パワー】

シチュエーション別の打撃成績から対右・非得点圏の打撃成績を計算し、そのときの打率・IsoPから査定するとミートB73パワーA87チャンスB対左Fになります。

シチュエーション打率出塁率長打率OPS
シーズン.332.430.6581.089
対左投手.260.438.493.931
得点圏.413.529.8001.329

【走力

2021年のスプリントスピードからD59と査定しました。

シーズンスプリントスピード[ft/s]一塁到達タイム[秒]MLB上位[%]
201926.34.5762
202026.34.7083
202126.94.6654

【守備能力】

下表は、一塁手としての守備防御点(DRS)、守備率(Fld%)、アルティメットゾーンレーティング(UZR)です。

UZRを構成する指標の意味はこんな感じです。

  • DPR:ダブルプレーで何点分を防いだか
  • RngR:守備範囲の広さ
  • ErrR:エラーで何点分を防いだか

三塁手としては烙印を押されましたが、一塁手としてはまずまずの成績を残しています。

特に、コンバート2年目の2021年は、ファースト守備に慣れたのか平均レベルまで改善されました。

ここから肩力C65-69守備E45-49捕球E45-49と査定しました。

一塁手DRS守備率DPRRngRErrRUZRUZR/150
2020-4.9900.0-0.3-1.5-1.8-13.8
2021-2.9930.1-0.3-0.4-0.5-1.5
通算-6.9920.1-0.6-1.9-2.3-4.9

【特殊能力】

  • ケガしにくさC:2020・21年前半に全試合出場
  • パワーヒッター:本塁打率11.3
  • 広角打法:打球方向の分布図より
  • ハイボールヒッター悪球打ち:コース別成績より
  • 固め打ち:複数安打を記録した試合割合34.5%
  • 威圧感なし:IsoD .098、5敬遠を記録
  • 初球○:0ストライク時に打率.521、長打率.957
  • 併殺:374打席で11併殺
  • 選球眼:ボール球スイング率25.3%(MLB平均30%)

 

作成した選手能力とパワナンバーはこうなりました。

また、再現選手一覧は「メニュー」→「パワプロMLB査定/再現」から確認可能です。

パワナンバー:11600 01707 80931

 

その他には2019年版も作成しています。

打率試合本塁打打点盗塁出塁率OPSbWAR
.27212315690.339.7722.1

パワナンバー:11400 80538 64583