仮想通貨

2022年前半GameFi業界レポート【日本語訳】

本レポートではこの機会にデータを目を通して、以下の観点からこの分野がどのように推移してきたか分析します。また、業界が直面するいくつかの難問についても考察しています。

  • ユーザの行動
  • チェーン上の取引
  • 資金調達
  • 価格パフォーマンス

2022年前半の出来事で、ゲームと金融の2つを組み合わせることによる根本的な矛盾が浮き彫りになった。ゲームは楽しむためにプレイする一方で、金融インセンティブとして参加しています。

本レポートのいくつかの重要なデータは、誇大広告と持続不可能なPlay to Earn(P2E)のモデルに基づいて作られたプロジェクトがこの不況下で大きく崩壊したことを示しました。

概要

GameFiのエコシステムにおける各チェーンのパフォーマンスまで掘り下げています。さらに2022年上半期のベアサイクルの中で上位のトークンのパフォーマンスを調べたところ、価格とユーザの両方で急落していることが分かりました。

開発者は「どのようにすれば人々が稼ぐことに執着せずに、遊びながら稼げるようになるのか」「どうすれば持続的なGameFiタイトルになるのか」と頭を悩ませています。

GameFiとメタバースプロジェクトは、ブロックチェーン業界の他カテゴリーと比較して、ベンチャーキャピタル(VC)からの資金流入が多かったというデータから投資家がGameFiに強気であることが分かります。

一方で、単一のスマートコントラクトプラットフォームが完全に資本化し、GameFiチェーンとなることはできていません。

GameFi市場全体のパフォーマンス

2022年初頭から厳しいマクロ環境とインフレ率の上昇の中で、市場全体が下落傾向にある。S&P500指数をはじめとした株式市場の下落は、今や数十億の機関投資家の資金を吸収しているビットコイン(BTC)も共に下落させた。そして、今度はBTCがアルトコイン市場を道連れにしたのです。

BTC & S&P 500 Price Correlation Analysis

Fear&Greedは極度の恐怖状態に達し、その期間内にプロトコルのスマートコントラクトと相互作用するGameFiアクティブユーザは徐々に減少していきました。6月下旬のExtremeFearからFearまで回復したものの、仮想通貨市場では大きく反発することはありませんでした。

BTC Price ($) vs. Fear and Greed Index

取引量ではRoninBNBHarmonyが他を大きく引き離しました。BNBの取引手数料の低さと構築のしやすさが多くのプロジェクト参入を促しました。しかし、RoninとHarmonyはそれぞれAxie InfinityDeFi Kingdomsという超有名タイトルに依存するエコシステムであり、そのボリュームによる影響が大きいです。

2022年上半期の取引額と平均ユーザ数では、ゲームに特化したチェーンのWAXHiveがトップ2を維持しました。

Market Share of Gamers

2022年上半期の3つの重要ポイント

GameFiは2021年のような強気市場で広く知れ渡りましたが、持続可能性や将来的な成功を示す良い指標にはなっていません。

ニュース報道で最初に有名になった仮想通貨ゲームAxie Infinityも、最初のMove to Earn(M2E)タイトルSTEPNも現在の平均アクティブユーザ数で業界TOP3に近づくことさえありませんでした。

Average Active Users by Game

一方、Alien WorldsSplinterlandsというGameFi業界では聞きなれないタイトルが上位を占めています。価格の下落後は、ユーザは少ないものの楽しんでプレイしています。2022年上半期のアクティブユーザはSplinterlandsがAlien Worldsの約2倍とリードしていましたが、6月に入るとユーザ数が急激に減少しました。

この原因は、シーズン終了やランク報酬システムの改訂、仮想通貨の引き出し、あるいは全ての要因の組み合わせによるものだと思われています。

Active Users Trend (Alien Worlds vs Splinterlands)

GameFiプロジェクトにはまだ支配的なチェーンが登場していません。長期的なリーダーを予測するのは時期尚早です。

トランザクション数で最大のGameFiチェーンであるWAXHiveは、それぞれAlien WorldsとSplinterlandsの成功に大きく依存しており、それぞれのユーザが全体の54.55%と99.85%を占めています。

Axie Infinity用に開発されたRoninのように、どちらのチェーンも各タイトルのために作られたタイトルではありません。

Market Share of Average Gamers – WAX
Market Share of Average Gamers – Hive

BNBはゲーム取引量およびゲーマー数で第3位のチェーンであり、1つのタイトルがそのエコシステムを支配しているわけではりません。しかし、傑出したゲームをホストするようになると、その潜在能力はまだ十分に発揮されていません。

Market Share of Average Gamers – BNB

また、期待のゲームIlluviumイーサリアム(ETH)でのローンチが決定しており、同じく多額の資金調達がよていされているBig Timeもイーサリアムでのローンチを決定しています。

開発者はマルチチェーンに対応したエコスステムの構築を目指しており、STEPNもETHに対応しました。

トップゲームのDeFi KingdomsSTEPNは2022年3月にそれぞれ2つのチェーンに拡大し、ユーザ獲得とリスク分散を図ったが、トークのミクスに関わる問題が発生しました。

STEPNはもともとSolanaでローンチし、BNBチェーンに拡大しました。その際にクロスチェーンブリッジの不足とBNBチェーン側に偏った需要格差などが原因で、GST(ユーティリティトークン)のBNBチェーンとSolanaチェーンの価格格差は最大9倍まで拡大しました。

この価格格差は仮想通貨の引き出しにより劇的に減少しましたが、ETH上のGSTの最新ローンチでは再び価格格差が見られるようになりました。マルチチェーンのエコシステムを作る上での課題の1つが浮き彫りになっています。

Number of GameFi Protocols Deployed on Multichain

Animoca Brandsは間もなく発売されるAAAタイトルPhantom Galaxiesがマルチチェーンに対応することを発表しました。

アバランチェ(AVAX)はそのサブネット技術(AVAXインフラ上に独自ネットワーク)により、マルチチェーンをより簡単に構築できることを目指しています。サブネット技術はDeFi KingdomsCrabadaにも採用されました。

各チェーンの分析

チェーンの成長は5月に大きく鈍化し、同月の新規プロジェクトは47件にとどまりました。この数字は6月に若干改善され63件になったが、それでも第1四半期に立ち上げられたプロジェクトの量には程遠い状態です。7月は38件と再び減少しています。

BNBETHはそれぞれ582件以上と538件以上のプロジェクトがあり、ゲームエコシステムの中で最も豊かなチェーンであることは変わりありません。

Number of GameFi Protocols by Chain

もともと月間の新作ゲーム企画が最も多かったチェーンであったBNBは、5月のベアマーケット開始以降に新作ゲーム数が大幅に減少しています。その他のチェーンは比較的安定した追加を維持しており、相対的に伸びているのはPolygonWAXです。

多くのチェーンがありますが、やはりゲーム開発者は手数料が安くゲームにやさしいPolygonWAXBNBを好んでいることが窺えます。

Chains by Number of New Projects

上位5つのチェーンエコシステムのアクティブユーザについては、WAXは7月末までに37万人に拡大しました。その一方でHiveは6月上旬に36万人から14万人へと大きく減少しましたが、これはこのチェーンを使用したSplinterlandsのアクティブユーザ数が急減したことが原因です。

Top 5 Chains by Gamers

チェーン上の各プロジェクトのシェアに基づくと、BNBは比較的強固で多様なエコシステムを有しています。これは、BNBの上位競合ゲームの各シェアが全体の25%以下である事実が裏付けています。

一方で主要プロジェクトが総ボリュームの100%と99.8%を占めるRoninHarmonyと比較すると、よりバランスが取れています。

GameFiは変動が激しく、トップタイトルでも負のスパイラルに陥ることがあるため、分散することで市場低迷時のエコシステムの回復力を高めることができるでしょう。

Gaming Volume by Protocol – BNB

Footprint Analyticsのデータでは、直近の5日間で100名以上のユーザがアクティブになっているとアクティブなプロジェクトと定義されています。アクティブなプロジェクト数を見ると、全てのチェーンで緩やかに減少していることが分かります。

BNBチェーンは依然としてアクティブなプロジェクト数が最も多いものの、Polygonに比べて減少幅が大きくなっています。

注目すべき上位GameFiトークン

5月にベアマーケットが訪れたものの、2021年12月以降のGameFi市場の雰囲気は不透明なままです。

トークン価格かプレイヤー数の一方が減ってしまうと、もう一方も自動的に減ってしまうGameFiの負のスパイラルの仕組みにユーザは気づいています。

現状ではP2Eはゲームに参加する新規プレイヤーの持続的な供給があって初めて機能します。多くのゲームの将来性に懐疑的であるため、多くのユーザが資産の形成と売却を迅速に行うようになっています。

Top 10 GameFi Tokens by Market Cap

トークン価格は急落傾向にあるものの、何かと成長しているプロジェクトもある。例えば、BinaryXのトークン価格は6月14日に最安値から8倍の147ドルに上昇したが、これは3月に新しいゲームプレイに加えてNFTの発行とアップグレードの仕組みをはじめとした機能の向上によるものです。

Top 10 GameFi Tokens Price (rebased to 100)

M2Eプロジェクトとして高い注目を集めていたSTEPNは、ベアマーケットの発生後にGMTトークンのアクティブホルダー・新規ホルダー・預金などの様々な指標が急落しています。GMTは依然として11億ドルという最高の取引量を誇っています。

Top GameFi Tokens Average Trade Volume Ranking

STEPNのユーティリティトークンであるGSTも価格が暴落したことで取引量が爆発的に増え、1400万ドルに達しましたが、これはプロジェクトが継続的に努力してもトークンの売り圧力を制御できない状態です。

2021年の強気相場状況と比較すると、現在ほとんどのプロジェクトが流動性を失っています。

Top GameFi Tokens Average Trade Volume

GameFi融資分析

下表のように2022年は、VCはGameFiとメタバースを中心としたWeb3への投資に注力し始めました。この2つのカテゴリーへのVCによる投資額は、2021年の8.74億ドルから24億ドルに増加しています。

Investment Amount in 2021 and 2022 YoY

出資された案件では、2022年4月のソニーとKIRKBIからEpic Gamesへの20億ドルの出資が最大でした。プロジェクト数では、Animoca BrandsがGameFi・メタバース・ギルドなどを網羅した1年間で52プロジェクトが最大でした。

Top Invested Projects
Number of GameFi Projects by Investor

GameFiとメタバースへの投資は全体48%であるシードラウンドに集中しており、この市場がまだ初期開発段階であることを示しています。

GameFi Fundraising Round

2022年下半期の注目ゲーム

GameFiで間もなく重要になるのは、一握りのAAAタイトルが宣伝に見合うかどうかです。

GameFiでは、現在のゲームは品質に欠け、持続不可能なトークノミクスを有している傾向があります。しかし、AAAゲームが出れば、これらの弱気市場のあとにGameFiを大衆にもたらし、現在の多くを解決するでしょう。

AAAタイトルは2022年と2023年にリリースされる予定です。最注目のタイトルは「Illuvium」「Phantom Galaxies」「Big Time」です。

Illuviumはゲーム自体はまだ発売されていませんが、初のメジャーAAAタイトルになることが約束されています。ブロックチェーンとゲーム開発者のスターチームが集まっているため、大きな関心を集めています。

Illuvium

Phantom GalaxiesはAnimoca BrandsとBlowfish Studiosの共同プロジェクトで、ブロックチェーンゲーム開発の将来像である従来のゲームとブロックチェーンでの実績があるスタジオとのコラボです。プロジェクトを起動に乗せるための膨大なリソースを提供することを予感させます。

Phantom Galaxies

Big TimeはDecentralandの共同設立者であるAri Meilichが設立したBig Time Studiosによって開発されています。このゲームは本格的なAAA RPGの体験をゲーマーに約束し、さらに独自のホストウォレットでより簡単に踏み出すことができます。

Big Time

これらのプロジェクトを支えるチームは、ブロックチェーンとゲームの両方で成功した実績があり、AAA級タイトルを成功させる可能性のあるリソースをもっています。

通常のゲーム市場を獲得できた場合、チェーンはユーザの流入を処理できるのだろうか?Web3とブロックチェーンゲームに大きく賭けている人たちは、今まさに息を潜めて、人々が期待するようなパフォーマンスを発揮することを願っているはずです。

2022年下半期の注目チェーン

イーサリアム(ETH)

未来は常に最新のものに属するとは限りません。多くのチェーンがエキサイティングなことを行っている中、ETHは依然として最大シェアをもち、最大の開発者コミュニティをもっています。

チェーンの流入は主にETHの混雑と高いガス代が原因だったため、ETH財団が効率性とスケーラビリティの面で進めている開発の進展と相まって、上手くいけば簡単にGameFi市場で大きなシェアを占めることができるだろう。

IlluviumBig TimeはどちらもETH上で動作し、STEPNはすでにETHに拡大しています。ETHのスケーリング問題と混雑への対応次第では、ゲーム用のチェーンとして定着するかもしれません。これらの開発は、ETHのアップグレード前のテストで調整されます。

Ethereum July 31 Active Users by Project